女医の産婦人科、婦人科:咲江レディスクリニック(名古屋市千種区)完全予約診察

名古屋市の産婦人科・婦人科
女医による女性のためのクリニック

咲江レディスクリニック

  • 完全予約制
  • 池下駅前
052-757-0222
名古屋市千種区池下町2-15 ハクビ池下ビル5F

咲江レディスクリニック

性交痛

DYSPAREUNIA

性交痛とはDyspareunia

性交痛とは、セックスを始めようとする時や、セックスをしている時の痛みのことを言います。 痛いのをがまんしていると、やがてセックスをすること自体がおっくうになってしまったり、怖くなってしまいます。 痛みの原因を知って、きちんと対策をしましょう。

痛みを感じる場所Place

性交痛を感じる場所は主に2つに分けられます。膣入口の痛みと、奥の痛みです。

①膣の入り口付近で感じる痛み(外陰部や陰唇など、膣開口部周辺)

腟炎や外陰炎の可能性、トラウマなどの精神的な恐怖や緊張などが原因として考えられます。

処女膜強靭症が原因であったりしますが、中には処女膜に問題は無くても外陰部が荒れていることで挿入時に痛みを感じやすくなります。
その原因として、カンジダ膣炎などで膣や外陰部に炎症を起こしている、ホルモンバランスが乱れていて粘膜が萎縮している、疲労・ストレスなどで免疫力が低下しているなど、様々なものがあります。
また、以前セックスの時に痛い思いや恐い思いをして、それがトラウマになってしまい、挿入時に恐怖心や緊張が高まり、痛みを感じる場合もあります。

炎症や感染症

外陰部、膣、膣両側にある分泌腺の炎症や性器ヘルペス、尿道の炎症でも痛みが生じる場合があります。
性感染症が原因となっていることもあります。きちんと検査を受けて治すことで痛みを改善する事ができます。

処女膜強靭症

生まれつき処女膜が厚いため、膣の入り口がとても狭く伸びにくくなっている状態を処女膜切開術を行うことでその後の膣内挿入がスムーズになります。当院では処女膜切開術を保険診療にて行っております。

外陰部や膣粘膜の萎縮

慢性的に膣や外陰部に炎症が続いていたり、閉経を迎えて女性ホルモンの分泌が少なくなると、外陰部や膣粘膜が萎縮して挿入時に痛みを感じやすくなります。外用薬やヒアルロン酸のジェルを使用したり、閉経後の方には女性ホルモンの膣座薬や内服薬を使用することで痛みを軽減することができます。また、モナリザタッチ(膣、外陰部レーザー治療)は、炭酸ガスレーザーを膣壁や外陰部に照射して刺激することで、膣粘膜の線維芽細胞を活性化し、新たなコラーゲン生成を促して粘膜に厚みと潤いが取り戻される画期的な治療法です。 このような方には是非お勧めします。

  • ・色々試してみたけれどどうしても性交痛が改善しなかった方
  • ・血栓症、子宮筋腫や子宮内膜症、乳がん
 

モナリザタッチの詳細はこちらへ

体質

生まれつき膣や処女膜が狭い女性は挿入時に強い痛みを感じることがあります。処女膜が狭い女性の場合は処女膜切開術を行い、スムーズに挿入が出来るようになるようにトレーニングをしていきます。

ラテックスアレルギー

ラテックスアレルギーのある人が自分に合わないコンドームを使って、痛みが生じていることもあります。

前戯が不十分である場合

前戯が足りないため潤滑が不十分なまま挿入されると、摩擦で痛みが生じる場合があります。

出産後

出産後は女性ホルモンが不安定であり、膣か外陰部の粘膜が萎縮したり、濡れにくくなることがあります。 これも治療することで改善する事ができます。

精神的なもの

レイプなどの性交渉に対する恐怖感や、セックスパートナーへのマイナス感情、妊娠に対する恐怖など、少しの感情の揺れで痛みを感じることもあります。

これらの種々の原因に対する挿入時の痛みは、個々の原因に対して治療を行い、前戯を十分に行って外陰部が潤滑している状態で挿入する、ローションなどの潤滑液を使用する、痛みを感じない体位で挿入するといったことで痛みを改善する事ができます。それでもどうしても痛みが残る場合は、局所麻酔作用のあるジェルを使用することもあります。

 

②腟の奥の性交痛(骨盤内で感じる痛み)

子宮内膜症や骨盤内感染症などの可能性があります。

セックスの時に膣の奥の方や下腹部に痛みを感じる場合、クラミジア感染症などで骨盤内で炎症が起こっている、子宮内膜症などで骨盤内の臓器に癒着をきたしている、卵巣腫瘍があるといった原因を疑います。これらの病気は悪化すると不妊症の原因となったり、手術が必要になってしまうこともあります。念のため病院を受診して、原因を調べる必要があります。

このように、ひとことで性交痛といっても様々な原因があり、痛みの場所や原因によって治療法が変わってきますので、自分の痛みがどの場所におこってどの程度痛いのか把握しておくことが大切です。

性交痛は我慢する必要はありません。我慢することで、セックスに対して恐怖心を抱いてしまう女性もいます。元来セックスは「お互いが幸せと感じるためにおこなう」コミュニケーションの方法のひとつなのです。
女性の身体はデリケートです。炎症や性感染症にかかっていたり、放置すると不妊症の原因となることもありますので、長く続いたり、繰り返す場合には、早目に婦人科を受診しましょう。

③心因性のケース

器質的な疾患や傷がみうけられないのにも関わらず繰り返し<痛み>を感じる場合や、実際の疾患や傷の状態以上の著しい痛みや恐怖、嫌悪感を感じる場合は<心因>つまり「こころの問題」かもしれません。心因性の<性交痛>には、さまざまなケースが存在します。
ここでは一例をあげましょう。例えば・・・

【セックスは「悪いこと?」「汚いこと?」】

子ども時代のある時期、自然に<性>に興味を持ったり、<人を好きになる>ことは正常な発達のプロセスです。 しかし、過度に厳格な、もしくは、過保護・過干渉な養育者の下で、<性>や<恋愛>を「悪いこと」、「汚いもの」と刷り込まれて育ってきた女性は、大人になっても<性>や、人を<愛し、愛されること>に対して、無意識の罪悪感や、恐れを感じ、パートナーと親密な関係を保つことにハンディキャップを抱えていることがあります。 普段は意識に上ることのない、その罪悪感や恐れが、<性交痛>に形を変えて、現れてきているのかもしれません。

【母のような母親になるのが怖い!!】

最近、<毒親>という言葉が流行していますね。また、子離れ出来ない母、そんな母から離れたい娘の葛藤を描いたTVドラマも話題となりました。 これらのケースにもよく現れているように、最近、「お母さんとの関係」に悩む大人の女性が少なくありません。 育ちの過程で、例えば、「女の子だから」という理由でやりたい事をさせてもらえないできた、兄弟間で著しく差別的な扱いを受けてきた、過保護・過干渉な母親から主体性を削がれながら成長してきた、など、発達の過程で傷を負ったり、侵入され続けながら成長してきた女性は、大人になってパートナーを持つと、「私も親になったら、お母さんのように、子どもを傷つけてしまうかも・・・」という恐れを感じて混乱することがあります。 「母のような母親になるのが怖い。」そんな無意識の恐れが、<性交痛>として表現されているのかもしれません。

【性や恋愛に対するトラウマ体験】

ーー<痴漢や、ストーカーなどの被害>、<自分を大切にしてくれないパートナーから望まないセックスを強要されてきた>、などの性や恋愛に関するネガティヴな経験がトラウマとなり、心の奥底でセックスを「怖いもの」、「嫌なもの」と感じているケースがあります。そのようなケースで、自分の「恐れ」や「嫌悪感」に気づいていない場合、それらのネガティヴな感情が<性交痛>として現れるケースがあります。

 

これらの例は、ごく一部のケースです。
心因性の<痛み>は、人それぞれ。悩める人の数だけ、ケースが存在すると言っても過言ではありません。また、これらのケースからも分かるように、自分では思ってもみなかった遠い昔の経験や、自分の考え方が原因の場合もあります。
心因性の<痛み>と向き合うことは、自分自身の人生と正面から向き合い、より良い人生、より良いパートナーシップを探すプロセスでもあるのです。

【お願い】

事前にこちらの問診票を印刷し、記入したものを診察時に持参してください。

問診票ダウンロード

④性交トレーニング

セックスをすることが怖い、痛い、、、。
その原因がからだである場合はその治療を、こころに原因がある場合にはセックスや性器に対する不安や嫌悪感を取り除く治療が必要になります。
膣内性交に対する恐怖感を取り除いて徐々に慣れていく方法として、当院では必要な方にはディルドやダイレーターを用いたトレーニングを行っています。

⑤処女膜切開術について

人それぞれ外性器や膣の形状が異なるように、処女膜も人それぞれ異なります。一般的には三日月の形をしていると言われていますが、Y字になっていたり、縦長に切れていたりとさまざまであります。そして、処女膜の穴の形状にも小さい形の人やたくさん穴が空いている人、穴が大きい人、厚みがある人、伸びやすい人、硬い人もいます。中には、穴がない無孔処女膜、つまり処女膜閉鎖症である方もいます。処女膜と聞くと透明な膜が完全に塞がっているものだったり、目に見えて膜があるものだったりとイメージする人が多いかと思います。しかし、それは間違ったものです。

処女膜とは、膣の入口にある厚さ約1mmのヒダ状の膜になります。膜が完全に覆っている状態ではなく、中央部に小さく穴が開いており膣の中から外へと通じています。中央部の穴は約直径2cm程の開口部があるため、直径1cm程度のタンポンを入れても処女膜を傷つけたり破れたりすることはありません。男性器が貫通するときにこの膜の一部に亀裂が入って出血しますが、決して取れてなくなるわけではなく、一部は膣壁に残り続けます。中には初体験から数年間セックスをしなかったため、怪我が治るように処女膜の亀裂部分が修復される方もいらっしゃいます。また、処女膜を見てみたいといった方もいるかもしれませんが、小陰唇や陰毛に包まれているため、処女膜を視覚的に確認することは難しいことです。ですから、処女かどうかを確認することもできませんし、処女かどうかがわかるような検査もありません。
また、処女膜は初めてのセックスで裂傷が入るだけではなく、それ以外にも体操やバレーボール、タンポンの使用、指の挿入、マスターベーション、自転車や馬に乗ったりするなどといった日常生活のあらゆる活動の中で簡単に処女膜に裂傷が入る可能性があります。

しかし、中には生まれつき厚くて硬く、破れにくいケースもあります。性交渉で破れないケースは「処女膜強靭症」の可能性が高いです。また、先天的に閉鎖されている「処女膜閉鎖症」といった病気も考えられます。
処女膜が多少厚い程度でしたら、カウンセリングや潤滑剤の使用、膣の拡張トレーニングで改善される場合がありますが、厚すぎたり硬すぎたりする場合は、手術で改善させる必要があります。
処女膜強靭症の特徴としては、完全に閉鎖されているわけではないので、日常生活における困りごとはないのですが、性交渉の度に激しい痛みと出血が伴うのが特徴です。

処女膜閉鎖症は、胎児の時に膣が形成される際に、処女膜が破裂するようになっていますが、その過程で障害が起こったことで処女膜閉鎖症になります。処女膜が完全に閉鎖されている状態なので、月経が発来しても月経血が膣内に溜まり、次第に膀胱や尿道を圧迫するようになります。また、月経血が出てこなくても周期的に腹痛が起こる月経モリミナといった症状もみられます。これらの症状が現れてはじめて処女膜閉鎖症に気づくことが多いです。
処女膜閉鎖症の場合、処女膜の一部に切れ目を入れ広げるか、輪状に切除するかの手術が必要になります。
どちらも自身に原因があるわけではなく、先天的なものであり、また治療で改善することが可能なので、気になる症状がありましたら産婦人科へ相談にいかれることをお勧めいたします。

 

処女膜切開術後と術後のダイレーター挿入

処女膜切除は、一部に切れ目を入れるか、輪状に処女膜を切るといった切除法があります。保険適用については、「処女膜強靭症」か「処女膜閉鎖症」の診断がついた場合のみになります。
手術自体は局所麻酔で行うのでほとんど痛みは感じません。術後の痛みに関しては鈍痛が出ることはあるかと思いますが、激痛はごくまれで、その後の日常生活に影響が出ることはめったにありません。
術後は、2日後から軽いエクササイズやデスクでの仕事ができるようになり、術後1週間で激しい運動が可能になります。
また、当院では処女膜切開後に膣ダイレーターを用いてトレーニングを行っています。せっかく処女膜切開した傷の部分が元に戻って再び狭くなってしまうのを防ぐためです。

膣ダイレーターはさまざまな太さのものがありますので、患者さんの状態に合わせて細いものから徐々に太いものへと挿入できるようになる練習をしていきます。目的としては、段階的に細いものから太いものへと変えていくことで膣腔形成と膣の柔軟性を上げていくところにあります。基本的には膣の緊張をほぐし挿入物に慣れる練習だと気軽に考えてください。最終的には男性器のサイズに近いものを問題なく挿入できるようにしていきます。
練習方法としては、まずローションを膣ダイレーターに塗り、できるところまで挿入します。そして、力んだり、緩んだりを繰り返して膣の力が抜けてきたら奥まで入れて、10~15分間そのままの状態で過ごします。入れている間はテレビを見たり、ベッドで横になったりとリラックスした状態で過ごしていただきます。時間が経過したら膣ダイレーターを出して、膣ダイレーターを石鹸で洗ってください。もし、出血したり痛みを感じたり気になることがありましたらトレーニングを中止して受診するようにしていただいています。
膣ダイレーターによる膣の拡張は、衛生的に行えるように医師の指導のもとでのトレーニングをお勧めしております。

性交痛を和らげる体位おすすめ5選

性交痛とは、性交時に外陰部が切れてしまったり、挿入時がいつも痛む、途中から痛み出したり、終わった後痛いなど実にさまざまなものがあります。また、膣の入口付近が痛むのか、奥が痛いのかで原因も変わってきます。入口付近の場合は、粘膜や皮膚が荒れたり細菌に感染したりして膣炎や外陰炎の可能性があるほか、緊張感が強すぎて膣の筋肉が萎縮してしまったり、疲労やストレスによる免疫力の低下、また処女膜が通常より厚い処女膜強靭症の場合もあります。奥のほうの痛みは、子宮内膜症やクラミジア感染症など臓器の癒着や炎症、卵巣腫瘍の疑いもあります。奥の痛みは悪化すると不妊症の原因になるものなので、原因がわかっていない奥の痛みの場合は産婦人科に受診する必要があります。
しかし、中には、性暴力を受けたことが原因だったり、性に対する嫌悪感があったりと精神的なものが原因のケースもあります。
このように、性交痛は決して珍しいものではなく、原因もさまざまで、年齢関係なく誰にでも引き起こす可能性があります。
ですが、体位の工夫によって性交痛を和らげることが可能です。以下の5つの体位をお勧めします。ポイントとしては、基本的にはどの体位も女性がリードして自分の気持ちいいところを探りながらできるところです。


時雨茶臼

仰向けになった男性に女性が脚を開いてしゃがんだ状態で挿入をする体位です。一般的な騎乗位です。女性はスクワッドのような動きをすると男性により快感を与えることが可能になります。男性は女性の腰やお尻を持ってサポートしましょう。

 

 

百閉

仰向けになった男性の上に女性が跨り挿入をする体位です。一般的には騎乗位と言われる体位です。ペニスがクリトリスに当たりやすく、女性は強い快感を得られます。動きのポイントとしては、クリトリスをペニスに押し付けながら腰を前後に動かすことです。

 

 

手がけ

男女同じ方向を向き、腰をかけた男性の上に女性が座って挿入を行う背面座位。男性は腰をかけている状態のため、下からの動き以外が難しくなります。女性がリードし積極的に動くことがポイントになってきます。男性は女性の腰をもってアシストすることで女性の動きをサポートすることが可能になります。

 

 

抱き地蔵

椅子などに座った男性の上に女性が跨るように上から腰を下ろして挿入をする体位です。女性の方も脚や膝を男性の座っている椅子につきながら行います。男女双方にとって座位の中では動きやすい体位です。男性も下から突き上げたり、女性も腰を回したり上下運動もできたり、愛撫も可能なので自由度が高いです。

 

 

達磨返し

女性の脛と太腿部分をひっかけるように縄で縛り、さらにその下半身を男性が持ち上げて挿入する体位です。女性が動きを制限され完全な受け身になります。その上、持ち上げられたことによって膣口が丸見えになるので、羞恥心も刺激される体位になります。男性側は女性が感じるポイントを探りつつ挿入していきましょう。

 

page top

052-757-0222   診療予約